伊豆野 康平(IZUNO Kohei)

生年月日 1990年3月2日 21歳
血液型 O
出身 岡山県
在住 長野県


 2008年 18歳、自動車運転免許取得。
 2009年に5万円で購入したトヨタスターレットターボを駆り、BRIGダートチャレンジで初めてダート競技を経験。北海道で行われたラリー、RTCとかちにもコドライバーとして参加。高速ダートでのスピードを体感する。10月に長野県ラリーシリーズにてラリーにドライバーとして初参戦。序盤はスペシャルステージでBクラスベストタイムを記録し、セリカ、シビックに続き3位に付けていたが、最終ステージ一歩前のSSでエンジントラブルが発生し、かろうじて8位で完走。悔しさの半面、手ごたえを感じたラリーデビューとなった。また同月、日本学生自動車連盟主催の軽自動車6時間耐久レースに信州大学チームから参加、有名他大学を抑えての総合優勝に貢献。

 2010年は車両をスターレットからスバルインプレッサWRXに変更。 トライアルイベントではBRIGスノーチャレンジ、BRIGダートチャレンジに参戦。BRIGダートチャレンジでは2位入賞。また秋田と北海道で行われたラリー2戦にも遠征するが、残念ながら両ラリーともマシントラブルでリタイアに終わる。 この年はメカニック、ヘルパーとして、アジアパシフィックラリー選手権・ラリーオブファンガレイと世界ラリー選手権・ラリージャパンに参加。インター格式ラリーの規模の大きさ、世界レベルの走りと技術を経験した。
 2011年は海外でのラリー参戦を目指すべく、ニュージーランドへ渡航。自動車中古部品会社で資金を稼ぎながら CentralRegionRallySeries 3戦を走る。マシンはスズキスイフトスポーツ・グループNを使用した。